【白髪染め】口コミで人気のトリートメントタイプ

【白髪染め】永久染毛剤とは?

気になる白髪隠しに、まず市販の白髪染めを使ってみようという方は多いと思います。

 

ですが、市販の白髪染めにはいくつかの問題点があります。

 

髪がごわついたり、ぎしぎししたりする。

 

髪が痛み、頭皮がヒリヒリして痛い。

 

使いきりタイプなので、根元の白髪が目立ってしまう。

 

…などなど。

 

ドラッグストアなどで売られている2剤式の白髪染めは、「永久染毛剤」に分類されています。

 

これらは、薬剤でメラニン色素を脱色し、それと同時に化学色素を髪の内部に浸透させるというもの。

 

強制的に髪のキューティクルをこじあけてしまうため、髪がぱさぱさになってしまうのです。

 

多くの2剤式の白髪染めに配合されているジアニン系の化学成分は、アレルギー反応が出やすいといわれています。

 

また発がん性も指摘されているため、使い続けるには注意が必要になります。

 

頭皮がぼろぼろで髪が痛んでしまった…と後悔することのないように、髪にやさしい白髪染めを選びたいものです。

 

そのためには、市販の白髪染めを避けて、通販などで売られている天然素材の白髪染めを使うのがいいと思います。白髪染め通販ランキング(http://www.socpharmed.org/)

 

無添加のトリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

 

キューティクルを破壊することなく、髪に栄養を与えながら、天然色素でコーティングするので、健康的な仕上がりが期待できます。

白髪染めカラーの豆知識

ドラックストアに行くと沢山のカラー剤があり迷ってしまう方も多いです。

 

そこで、簡単ですが白髪染めホームカラーをまとめたいと思います。

 

白髪染めは、基本的に矛盾したことを同時に行います。

 

『黒い髪は、明るく白い髪は、落ちつける』

 

白髪染めが明るく染まらないのは、矛盾した行為を同時に行っていたからです。
しかし、科学の進歩で簡単に白髪が明るく染まるようになりました。

 

ジアミンという成分にアレルギーがない限り髪のダメージも少なくなりました。

 

泡タイプの白髪染めがありますがホームカラー界の革命的な製品です。
今までのクリームタイプのホームカラーは、ムラに染まるのが嫌で使われない人もいました。
この泡タイプだとムラ染めが少ないです。
回数を重ねると完璧に染める人もおられます。

 

理由は、泡にあります。
今までのクリームタイプでは、髪に塗布した時の伸びが悪くホームカラー剤の量が
足りなくなってしまいます。
2本も使わないといけない人もいます。

 

しかし、泡だとクリームよりも伸びが良く指で揉めば髪全体に塗布できます。
泡なので顔などに垂れてくる心配もありません

 

そしてカラートリートメントです。こちらも人気です。
お風呂場でトリートメント的に使えます。白髪がスッキリ染まります。
しかし、黒い髪は、明るくならないので絶対に髪を傷ませたくない人にオススメです。

 

カラー剤に迷った時は、塗りやすさにダメージが少ない物を選ばれると失敗は少ないと思います。